吉宗 天井恩恵・スペックヤメ時解析

吉宗 スロット

©DAITO

「711枚が1G連」これを聞くだけで、あの名機が思い浮かぶのではないでしょうか。

12/16(月)~導入
パチスロ吉宗の天井恩恵・スペックヤメ時解析についてです。

BIG中は、+711枚の枚数上乗せ抽選あり!

同社の押忍!番長2を、AT機に進化させたようなシステムになっています。

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

システムは番長タイプ!天井はボーナス間!

吉宗 天井ゲーム数・恩恵

・天井ゲーム数
通常:ボーナス間1000G+36Gの前兆
天国:ボーナス間92G+36Gの前兆

・天井到達時の恩恵
ボーナス当選

・天井狙い目
ボーナス間600G~

・ヤメ時
ボーナス後128G付近

※設定変更で天井G数リセット

最大天井は、1000G+36Gの前兆で1036G。

番長と同じように、ボーナス間天井のようです。

なので、AT中でもデータカウンターが進むタイプなのか、AT中はカウントが止まるのか必ず確認しましょう。

天井到達時はボーナス当選となるようです。

天井狙い目は600G~、ヤメ時はボーナス後128G付近。

AT後も引き戻し確認のために50Gほど回した方が良いですね。

通常時は3つの高確率が鍵を握る!

通常高確率:規定ゲーム数解除の前兆ゾーン
剣舞高確率:主にベルリプ連から突入する、10G固定の自力解除ゾーン
家紋高確率:主にレア小役から突入する、10G+αの自力解除ゾーン

今回の吉宗は、通常時は3つの高確率が鍵を握ります。

それぞれの期待度は30%程度ですが、高確率が2つ重なれば期待度約60%の超高確率に変化します。

更に高確率が3つ重なれば、、、激アツの「鷹狩り」に発展!

鷹狩りは期待度が70%超までアップし、さらに解除成功でボーナス+ATまで獲得できる夢のある仕様です♪( ´▽`)

1G連ありの擬似ボーナス+ATスペック!

BIGとREGの2種類の擬似ボーナスあり。純増は共に2.8枚。

BIG中は、3種類の告知タイプを選択し、青7揃いで1G連、家紋揃いでAT確定!

また、レア小役で枚数上乗せ抽選も行われ、1回の最大上乗せは711枚と初代を継承しているようです(^^♪
(※AT中はゲーム数上乗せとなる。)

REG中は、BIG昇格抽選・高確率抽選が行われる。

システムは、番長によく似ていますね~。

番長と違う点は、ボーナスの1G連がある部分と、
ボーナス中にも告知タイプごとの上乗せ特化ゾーンが搭載されているところですね。

AT「爆走大盤振舞」
●1セット40G+α
●純増+2.8枚
●MAX80%の継続率管理
●レア小役でG数+セット数上乗せあり
●通常時同様にボーナス抽選あり

AT爆走大盤振舞は、純増2.8枚で1セット40G+αの継続率管理タイプ。

ゲーム数消化後に、AT継続かどうかの連続演出に発展し、演出成功でAT継続。
最高継続率は、80%とATループにも期待!

◆極大盤振舞
G数上乗せ時の一部で突入。10~50G継続し、全役で上乗せ抽選。レア小役は上乗せ確定!

◆将軍ラッシュ
AT中のBIG当選時の一部などから突入。10G保障+毎ゲーム93.4%で継続。全役で上乗せ抽選が行われ、約1/5で成立する家紋揃いは20G以上上乗せ!

ボーナス+AT確率に注目!

高設定ほど、ボーナス+ATが軽くなります。

機械割は番長とあまり変わらない感じですかね~。

◆ボーナス+AT確率
設定1…1/172.3
設定2…1/165.1
設定3…1/162.2
設定4…1/144.9
設定5…1/133.6
設定6…1/116.9

◆機械割
設定1…97.1%
設定2…98.9%
設定3…100.8%
設定4…104.4%
設定5…108.5%
設定6…113.8%

スポンサードリンク

投稿日時 2013/12/13 17:45 コメント( 1 )
記事検索

One Response to “吉宗 天井恩恵・スペックヤメ時解析”

  1. 匿名 より:

    朝から0の台を1126迄打ってます。
    どおなってるのかな?

    0

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内記事検索

機種別記事一覧

プロフィール

ge5wn5m2djvphcp1475425363_1475426525

管理人のアララギです。

パチスロMAXタイプでは最新の解析情報・実践値などをもとに、天井狙い・設定狙いに使える攻略情報ををお届けしています。

最新の機種はもちろん、今後導入が予定されている機種も出来る限り早く情報をお伝えできるように更新いたします。

また、不定期ではありますが業界情報やパチスロに関連するアニメ情報なども記事にすることもありますので、そちらも是非ご覧ください。


私の養分時代から、ここの管理人になるまでの経緯を物語形式でご紹介しています。
◎アララギ物語

最新のコメント