CRうる星やつら5 スペック・セグランプ・潜伏確変攻略

CRうる星やつら5-パチンコ

©OKUMURA

3年振りのシリーズ第5弾!
パチンコ新台 CRうる星やつら5~電撃ラブアタック~
スペック・セグランプ・潜伏確変攻略
についてです。

スペックは、MAXとミドルの2種類で登場です。

一新された演出・筐体に要注目!

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

新枠「クリスタルエッジ」と電撃スペック

CRうる星やつら5-筐体

スペック・大当たり内訳 (MAX)

  • 大当たり確率
    1/381.0
  • 確変中確率
    1/71.5
  • 賞球
    3&10&14 (9c)
  • ST突入率・継続率
    100%・105回転まで継続 (77%)
  • 大当たり出玉
    1R   約120個
    2R   約240個
    4R   約470個
    8R   約930個
    16R  約1860個
  • 大当たり振り分け
    ・通常時
    16R確変:5%
    8R確変:11%
    4R確変:71%
    突然確変:2%
    潜伏確変:11%
     ∟電サポなし・初回のみ潜伏

    ・確変中
    16R確変:70%
    8R確変:11%
    4R確変:9%
    2R確変:3%
    チャージタイム:7%
     ∟1R分の出玉あり

スペック・大当たり内訳 (ミドル)

  • 大当たり確率
    1/247.3
  • 確変中確率
    1/87.5
  • 賞球
    3&10&15 (9c)
  • ST突入率・継続率
    100%・105回転まで継続 (70%)
  • 大当たり出玉
    1R   約140個
    2R   約280個
    4R   約560個
    8R   約1120個
    16R  約2230個
  • 大当たり振り分け
    ・通常時
    16R確変:5%
    8R確変:10%
    4R確変:60%
    突然確変:5%
    潜伏確変:20%
     ∟電なし・初回のみ潜伏

    ・確変中
    16R確変:50%
    8R確変:10%
    4R確変:16%
    2R確変:10%
    チャージタイム:14%
     ∟1R分の出玉あり

MAXスペックとミドルスペックで登場。

継続率・大当たり内訳はMAXタイプが優遇。

大当たり数はミドルタイプが優遇。

両タイプ共に、確変中16R比率が高く、一撃性も高いですね(^^♪

潜伏確変割合が高めですが、潜伏は見抜きやすいので、初心者でも楽しめるスペックです。

セグ・潜伏攻略情報

セグランプ判別オススメサイト

潜伏確変判別・モード解説

  • 【ちゅどーんチャンス突入時】
    小当たりor潜伏確変となる。
  • 潜伏確変当選時は5回転以内に「RUSH警戒モード」に突入。
    5回転後に通常モード移行で、通常濃厚となる。
  • 「RUSH警戒モード」中は、絶対ヤメない。
    潜伏確定時は、105回転まで必ず回す。

朝一ランプ

  • 現在調査中。

通常時・確変演出情報

通常時 5大稲妻演出

  • 電撃ギミック
  • ラム激怒ゾーン
  • トラ柄演出
  • ラム降臨予告
  • 君去りし後リーチ

確変 ちゅどーんRUSH

  • MAX :105回転×77%のST
    ミドル:105回転×70%のST
  • 5つの星の色で期待度示唆。
    演出は全53種類あり、演出発展でチャンス。
    一撃チャレンジは、16Ror2Rのどちからに!?

    STラスト5回転はファイナルチャンス。

「RUSH警戒モード」中は、ヤメないように気をつけましょう。

ST規定回数が105回転なので、それ以降はいつヤメても構いません。

筐体には、7つのギミックが搭載されており、ありとあらゆる場面で躍動するギミックを楽しみながら打ちたいですね(^^♪

スポンサードリンク

投稿日時 2014/05/12 21:44 コメントする
記事検索

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内記事検索

機種別記事一覧

プロフィール

ge5wn5m2djvphcp1475425363_1475426525

管理人のアララギです。

パチスロMAXタイプでは最新の解析情報・実践値などをもとに、天井狙い・設定狙いに使える攻略情報ををお届けしています。

最新の機種はもちろん、今後導入が予定されている機種も出来る限り早く情報をお伝えできるように更新いたします。

また、不定期ではありますが業界情報やパチスロに関連するアニメ情報なども記事にすることもありますので、そちらも是非ご覧ください。


私の養分時代から、ここの管理人になるまでの経緯を物語形式でご紹介しています。
◎アララギ物語

最新のコメント