CR仮面ライダーV3 スペック・潜伏確変狙い目攻略

仮面ライダーV3 パチンコ(c)KYORAKU

高いST連チャン性能と出玉力が魅力の前作を好きだった方は多いでしょう!

4年ぶりに復活!!
ぱちんこ仮面ライダーV3がついに登場です。

導入日は10/21(月)~と間もなくです^^

仮面ライダーの気になるスペックや、潜伏確変狙い目攻略についてです。

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

スペック・ボーダーラインについて

■大当たり確率
1/390.1→1/52

■賞球
3&3&10&14&14

■確変突入率
100% ST84回(ラスト4回電サポなし)

■大当たり出玉
16R…約1900個
4R…約470個

■大当たり内訳
(ヘソ)
・右アタッカー
16R:3%
・羽根アタッカー
16R:1%
4R:88%
突然確変:1%
潜伏確変:7% (初回電サポなし)

(電チュー)
・右アタッカー
16R:61%
・羽根アタッカー
16R:6%
4R:33

■ボーダーライン
不明(判明次第、追記します。)

追記(10/28)
4.0円…17.4回
3.5円…18.5回
3.0回…19.9回
2.5円…21.7回
※12時間実践、4R:470個、16R:1910個

■セグ判別のオススメサイト(月315円)
スマホ版パチンコマガジン

ガラケー版パチンコマガジン

気になるスペックは、前作同様MAXSTタイプ!!

ST継続率は約80%!ST中の16R比率は67%!

仮面ライダーらしいかなり爆発力のあるスペックですね(≧∇≦)

激アツ時にクルクル回りながら落ちてくる役物「ダブルタイフーン」は、前作よりパワーアップ!!!

大当たり時は、そのダブルタイフーンからVが伸びて来て、「ハイパーVスパーク」に変型( ゚д゚)

京楽さん、ボタンは飛び出すわ役物は伸びてくるわで凄いですねww

次回作は盤面を突き破って役物が出て来たりして、、( ゚д゚)

ちなみにハイパーVスパークの画像ですw
仮面ライダーV3 ハイパーVスパーク

今までの京楽同様、4大激アツ演出が存在します。

「ダブルタイフーン・ゼブラ柄・群予告・V3衝撃カットイン」のどれかが出現すれば、激アツを約束♪( ´▽`)

演出面でも非常に楽しそうな機種です^^

朝イチランプ・潜伏確変について

■朝イチランプ
不明(判明次第、追記します。)

追記 (10月31日)
黄色枠ランプ点灯で朝一確変状態!
ランプ消灯で通常状態転落となります。

仮面ライダーV3 朝イチランプ
参照:パチンコチュートリアル様

■潜伏確変攻略
通常時に潜入モードへ移行した際は、小当たりor潜伏確変となる。
(出玉あり大当たり時は必ずSTに移行。)

潜入モード突入時に、下記画像の青枠左の赤丸ランプ点灯で潜伏確変濃厚!
仮面ライダーV3 潜伏確変ランプ

またランプを見逃しても、前作同様に潜入モード時の扉&文字色で潜伏期待度示唆。
「扉&文字色が、銀&緑<銀&赤=金&緑<金&赤」の順に潜伏確変期待度アップです!

扉&文字が金色なら潜伏確変の大チャンスです^^

「ダブルライダーモード」移行は潜伏確変濃厚♪( ´▽`)
潜伏確変の場合は、ST規定回数の84回転しっかり回すようにしましょう!

追記:潜伏の場合は、モード抜けすることなく最終的に「ダブルライダーモード」に移行。
潜入モードから抜けた場合は通常確定なのでいつヤメても良し!

これについては、どうやら不明のようです^^;
ランプを見逃した場合は、84回転回したほうがよさそうです^^

■セグ判別
潜入モード移行時は、潜伏確変判別のためにセグ判別が必要です。

また、4Ror16Rを見分ける時もセグで判別。

セグ判別は上記のものと、こちらの無料サイトがオススメです。
団塊おやじのパチンコ日記さん

また、情報が更新され次第追記していきます(^_^)☆

スポンサードリンク

投稿日時 2013/10/18 15:33 コメント( 1 )
記事検索

One Response to “CR仮面ライダーV3 スペック・潜伏確変狙い目攻略”

  1. しゅう より:

    宜しく

    0

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内記事検索

機種別記事一覧

プロフィール

ge5wn5m2djvphcp1475425363_1475426525

管理人のアララギです。

パチスロMAXタイプでは最新の解析情報・実践値などをもとに、天井狙い・設定狙いに使える攻略情報ををお届けしています。

最新の機種はもちろん、今後導入が予定されている機種も出来る限り早く情報をお伝えできるように更新いたします。

また、不定期ではありますが業界情報やパチスロに関連するアニメ情報なども記事にすることもありますので、そちらも是非ご覧ください。


私の養分時代から、ここの管理人になるまでの経緯を物語形式でご紹介しています。
◎アララギ物語

最新のコメント