CR大工の源さん~韋駄天桜~ スペック・潜伏確変・セグランプ

CR大工の源さん~韋駄天桜~ パチンコ

©SANYO

三洋の人気シリーズ「大工の源さん」の最新作。

CR大工の源さん~韋駄天桜~のスペック・潜伏確変・セグランプについてです。

前作で注目を集めた確変中の消化スピードがさらにアップしたようですw

潜伏割合が高いので、大当たり時はセグ判別必須です。

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

前作同様MAXタイプだが、潜伏確変割合が多いので注意!

◆スペック

大当たり確率
1/390.1→1/39.2

賞球数
3&1&9&10&14 (9c)

確変突入.継続率
80%

大当たり出玉
(下アタッカー)
12R 約800個

(右アタッカー)
4R 約490個
8R 約990個
16R 約1970個

大当たり振り分け
(ヘソ)
下12R確変:40%
下12R潜伏確変:20%【電サポなし】
潜伏確変:20% 【電サポなし、出玉なし】
12R通常:20% 【時短なし】

(電チュー)
16R確変:50%
8R確率:22%
4R確変:8%
8R通常:20% 【時短10回】

※大当たり振り分けのヘソの「下」は下アタッカーを意味する。
※潜伏確変の場合、初回のみ潜伏か潜伏ループかは現在調査中です。

◆ボーダーライン
4.0円…17.8回
3.5円…19.0回
3.0円…20.0回
2.5円…22.0回

◆セグランプ判別サイト
パチンコ攻略マガジン (スマホ/月額400円)

確変「炎の源モード」は前作以上の消化スピードのようです。

タイトルにある韋駄天の通り、1変動の最短は約0.34秒しかかからないようですw

個人的には消化スピードよりも、スペックが気になりますね~。

潜伏確変割合が少し多すぎるので、一般客が付きづらいと思います(^^;;

確変中の振り分けも特に普通ですし、、、潜伏狙いでしか打つ事はないでしょうね。

潜伏の場合でもモード抜けするので、セグ判別を確実に!

◆朝一ランプ
三洋 朝一ランプ
(※ランプ群は、同社のCR聖闘士星矢-星の運命-のもの。)

赤丸部分のランプ点灯で朝一内部確変状態。

◆潜伏確変判別

通常時のモード移行で太鼓モード突入時は、潜伏確変or小当り
通常時に12R大当たり→確変「炎の源モード」非突入時は、潜伏確変or通常

出玉ありなしに関わらず、太鼓モード突入時は潜伏確変の可能性があるので、注意が必要。

潜伏確変の場合でもモード抜けもし、太鼓モード再突入の可能性もあるようです。
小当りor通常の場合は、一度モード抜けすると太鼓モードに戻らないようです。

1/15 追記:潜伏確変でも通常でも太鼓モード再突入の可能性有り!?

通常時の太鼓モード移行による潜伏確変の場合は、ラウンドランプ数で10or12Rの表示が出た場合でも、潜伏確変だと判別できる。
また、太鼓モード「夜の宴」でも潜伏確変の大チャンス。

※情報に誤りがある場合もございますが、ご了承ください。

前作も潜伏確変の割合が多く、ヤメ時が難しかったですが、
今作は潜伏確変の場合は太鼓モードに再突入するようなので、判別しやすい!?

セグランプが判明すれば、いち早く活用していきたいですね。

スポンサードリンク

投稿日時 2013/12/17 15:39 コメント( 4 )
記事検索

4 Responses to “CR大工の源さん~韋駄天桜~ スペック・潜伏確変・セグランプ”

  1. 匿名 より:

    ふざけんなパチマガ登録してもセグ見れんで

    0
    • なおや より:

      すみませんm(__)m
      まだセグ出ていないようですm(__)m

      更新されたら出てくると思いますm(__)m

      0
  2. あぁ より:

    再突入しても当たらない何で?

    0
    • なおや より:

      雑誌には、そのように書いていたので、そうだと思っていたのですが、、、
      再突入しても当たらないなら通常の可能性もあるんですかね(^_^;)

      申し訳ありません、記事訂正しましたm(__)m

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内記事検索

機種別記事一覧

プロフィール

ge5wn5m2djvphcp1475425363_1475426525

管理人のアララギです。

パチスロMAXタイプでは最新の解析情報・実践値などをもとに、天井狙い・設定狙いに使える攻略情報ををお届けしています。

最新の機種はもちろん、今後導入が予定されている機種も出来る限り早く情報をお伝えできるように更新いたします。

また、不定期ではありますが業界情報やパチスロに関連するアニメ情報なども記事にすることもありますので、そちらも是非ご覧ください。


私の養分時代から、ここの管理人になるまでの経緯を物語形式でご紹介しています。
◎アララギ物語

最新のコメント