花の慶次2  初ATで天武の極&天武の極確率詳細

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ パチスロ

花の慶次2の最強上乗せゾーン「天武の極」を初ATで引きました♪( ´▽`)

天武の極の結果やいかに!?

また、天武の極の確率や恩恵についてまとめました。

それでは、ご覧ください。

スポンサードリンク

天武の極確率と恩恵は?

■天武の極詳細
ボーナス中の赤7揃いから突入の可能性あり。
80%ループでATゲーム数を上乗せしていく。

■ボーナス中実質突入確率
1/5583.8

赤7シングル揃い(1/1281.88)時の約20%、ダブル揃い(1/23852.95)時の50%で突入。

■上乗せ振り分け
BAR揃い 5.08%
赤7揃い  37.50%
青7揃い  37.50%
終了   19.92%

最低保証が1回あり、初回は必ずBAR揃いとなる。

初ATで天武の極を引いた結果は?

慶次導入直後で~288Gのゾーン狙いをしようとすると、いきなり傾奇ブレイク!

その傾奇ブレイクで、、1/32768の中段チェリーw

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 中段チェリー

AT初期ゲーム数は、戦鬼50Gでした。

そこからボーナスが連打します。

ATとボーナスが絡んだ時はかなり面白いと思います^^

5度目のボーナス中に、、、慶次赤カットインから赤7揃い!

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 赤7揃い

この赤7揃い後すぐに、城門演出に発展。

赤文字だったので期待しました♪( ´▽`)

見事、天武の極に突入します。

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 天武の極

どれだけ乗せれるか楽しみでしたが、まさかのBAR揃い2回( ;´Д`)

20G乗せずつで終わりました。

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 天武の極2

この時は解析出てなかったですが、明らかに引き負けました。

花の慶次~これより我ら修羅に入る~ 最終枚数

それでも戦鬼ATでボーナスを1/10くらいで引けたお陰で最終的にはこれだけ出ました♪( ´▽`)

この機種の怖いところは、初期ゲーム数が戦鬼20Gになると、
1回もボーナス引けずに終わる可能性があるとこですね(^^;;

頑張ってAT入れたのに、獲得枚数が50枚程度という事もあり得ますからね。。

もう一度リベンジしたい(;´∀`)

スポンサードリンク

投稿日時 2013/11/26 15:48 コメント( 6 )
記事検索

6 Responses to “花の慶次2  初ATで天武の極&天武の極確率詳細”

  1. まお より:

    初コメです。

    私も昨日、天武の極突入しました!
    結果は、+110、+110(笑)
    それも突入したのが20時…。
    何とか取りきることが出来ました。

    最新の情報はこのブログだと思って
    毎日ブログ拝見させてもらってます。
    情報を発信することはとても大変だと思いますが、
    これからも頑張ってください!

    0
    • なおや より:

      ありがとうございます!

      凄い乗せましたねw羨ましい。。(笑)

      応援ありがとうございます^^
      これからもどうかよろしくお願いしますね^^

      0
  2. 匿名 より:

    中チェ2回引くがクソでした

    0
  3. ゆき より:

    初コメントです!
    最近こちらのブログをみてゾーン狙いを勉強しているところです。
    詳しく色々書かれていて本当にわかりやすいです☻
    おととい、天武の極に入って興奮しましたが、
    私も戦鬼10修羅10で終了してしまいました…悲しい。

    これからも更新がんばってください!

    0
    • なおや より:

      ありがとうございます(^^♪
      参考になれば幸いです(^^ゞ

      それは非常に悲しいですw
      80%ループなのに、、次引いた時は100Gくらい乗せたいですね(*^_^*)
      これからも頑張るので、よろしくお願いします。

      0

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内記事検索

機種別記事一覧

プロフィール

ge5wn5m2djvphcp1475425363_1475426525

管理人のアララギです。

パチスロMAXタイプでは最新の解析情報・実践値などをもとに、天井狙い・設定狙いに使える攻略情報ををお届けしています。

最新の機種はもちろん、今後導入が予定されている機種も出来る限り早く情報をお伝えできるように更新いたします。

また、不定期ではありますが業界情報やパチスロに関連するアニメ情報なども記事にすることもありますので、そちらも是非ご覧ください。


私の養分時代から、ここの管理人になるまでの経緯を物語形式でご紹介しています。
◎アララギ物語

最新のコメント